2018.06.18

Slimとは?HTMLとは何が違う?

ホームページ制作 社員日記

こんにちは!
エクスフィールドの橋野です。

以前私が投稿した記事(http://www.ex-field.co.jp/blog/homepage-build/619/
でも軽く触れましたが、今回は、
ホームページを制作する上で使用している”Slim”についてお話したいと思います。

まず、ホームページを制作するにあたって基盤となるのは”HTML”というものです。

このHTMLというマークアップ言語を使うことで、
自分のホームページにただ文章を表示させるだけでなく、
大きさや色を変更したり、画像や動画を表示させたり、
他のページへのリンクをつけたりすることができます。

例えば、「こんにちは!」という文字を表示させたいときは、

<p>こんにちは!</p>

というように、”タグ”と呼ばれるもので文章を囲います。
この場合、<p>で始まっており、終わりには必ず</p>を付ける必要があります。
このタグを付け忘れると、文章が正しく表示されません。

特にページの内容が多くなってくると、
その分多くのタグを打ち込まないといけなくなるので、大変です。
うっかりどこかのタイミングで、最後につける”閉じタグ”を打ち忘れてしまった場合、
その箇所を探すのも地味に面倒だったりします。

そこで便利なのが、”Slim”になります。

SlimはHTMLと同じ役割を持っていますが、HTMLと違って、
タグを打ち込む必要が無いということが大きなメリットとなります。

HTMLで以下の内容のものがあるとします。
<ul>
<li>リスト1</li>
<li>リスト2</li>
<li>リスト3</li>
</ul>

これをSlimで書くと・・・
ul
li リスト1
li リスト2
li リスト3

となります。

閉じタグがいらないので、打ち忘れを気にすることは無いですし、
見た目もシンプルでスッキリして、後で見直す際に非常に見やすくなります。

これだけで見ると、

別にこれくらいだったらタグを打ち込めばいいじゃないか・・・

と思う人もいるかも知れませんが、
一つ一つの要素にタグを打っていると、
打たない場合と比べて、タグの分だけ文字のタイピング量が増え、
それだけでも時間や手間がかかりますし、ミスもしがちです。
また、タグがある分、見た目がゴチャゴチャとしやすくなります。
大規模なホームページになってくると、なおさらです。

なので弊社では、少しでも時間と手間を省き、
効率よく作業を進めていけるように、このSlimを使用しています。

ファイルの容量も軽くなるので管理もしやすいですし、
HTMLでは使用できない、他の言語のプログラムも打ち込める
というメリットもあるので、非常に便利です。

 

とはいえ、ホームページに載せる内容が多くなればなるほど
打ち込む量も多くなるので大変なことには変わりはありませんが、
これからも、お客様のご要望に答えるべく全力で
ホームページ制作に取り組んでいきますので、
よろしくお願い致します!

Facebook にシェア
Pocket


1 / 11