2019.06.18

流行りの「ブロークングリッドレイアウト」

ホームページ制作

こんにちは、エクスフィールド福原です。

梅雨明け後の暑さが心配で去年の名古屋市の最高気温について調べたのですが、
去年一番気温が高かったのが、8月3日でなんと40.3℃
40℃超えは流石に暑すぎますね…。
今年は、例年より気温が低い予報ですが、油断せず体調に気をつけて夏を越したいと思います。

さて本題ですが、

ホームページの縦と横に直線で格子状に分割し、そのグリッドに従って配置する「グリッドレイアウト」が定番ですが、
近年整えられた要素をあえてずらして配置したり重ねたり要素からはみ出したレイアウト「ブロークングリッドレイアウト」が流行っています。

【ブロークングリッドレイアウトの特徴】

■オリジナリティが出る
グリッドレイアウトは、要素の位置を整えて配置するのでデザインのパターンが限られてきますが、
ブロークングリッドレイアウトは要素の位置を重ねる・ずらす事で、デザインのパターンがグリッドレイアウトより多いため、オリジナリティを出すことができます。

■印象に残る
崩したレイアウトだと見る人がその部分に違和感を持ち、綺麗に並べてあるものと比べて印象に残りやすいデザインになります。

■おしゃれ
要素の位置を整えて配置するグリッドレイアウトは、シンプルで硬いイメージですが、
レイアウトをあえて崩すことによって、おしゃれで柔らかいイメージになります。

いかがでしたでしょうか?
あえて崩したレイアウトにする事で、オリジナリティのあるデザインにでき、おしゃれで柔らかいイメージにすることができるのとてもいいですよね!ですが、崩しすぎるとおしゃれとは別のものになってしまうので、気をつけてデザインを考えたいですね。

エクスフィールドでは、お客様のご要望を取り入れた独自のホームページを提案・制作することが可能です!
ご相談だけでも可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい!
http://www.ex-field.co.jp/form.php

Share on Facebook
Pocket


1 / 11