2017.01.06

Photoshopで鉛筆が綺麗に見えるように加工する方法

デザイン

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します。

webデザイナー・コーダーの武です。

新年最初の投稿ということで、私が今年の年賀状の制作で使ったPhotoshopの機能

「Photoshopで鉛筆が綺麗に見えるように加工する方法」をご紹介します。

手書きっぽい素材をデザインに取り入れるのに役立ちますよ!

酉年、ということで個人的に好きな身近な鳥から実際に動物園などで撮影したなかなかお目にかかれないデザインの鳥たちの写真をもとに鉛筆でざくざく描きました。

描いたものをスキャナーで取り込み「.jpg」になったデータをPhotoshopに入れます。


そのままだとこんな感じ。

真っ白な紙も案外紙の表面のテクスチャーが見えていたり、細かい迷い線もしっかりスキャンされてしまっていたりなかなかそのまま素材としては使えない感じですね。

デザインの素材として使う際は、場合によると思いますが、今回は紙の質感も無くして鉛筆の線のみ残るような加工です。

そこで今回はペンギンを例に「Photoshopで鉛筆が綺麗に見えるように加工する方法」を施していきたいと思います。

まずは必要な部分のみを【長方形選択ツール】などで選択し、

【イメージ>切り抜き】から切り抜いてしまいましょう。

こんなかんじ。

続いて、【なげなわツール】で残したい部分を囲っていきます。

ペンタブがあるとスムーズですが、トラックパッドやマウスでも十分できると思います。

ちなみに私はデザイン業務のほとんどをトラックパッドでやってしまいます。

全部囲うとこんな感じ。

ここで【選択範囲>選択範囲を反転】で残したくない部分を選択したことになります。

そしたら【deleteキー】を押すのみ!これで背景はさよならです。

こんな感じ、すっきり。

あとは、いかに鉛筆の線を美しく見せるか!です。

とっても簡単です。使うのは【色調調整>トーンカーブ 】

【色調調整>トーンカーブ 】このカーブをいい感じになるようにいじります。勘です。

完成!

あとは、【別名で保存】から【.png】形式を選択して保存しましょう。

【.png】は背景を透明なまま保存できますからね。デザインで扱いやすくなります!

PC上でPhotoshop、Illustratorで 作る素材だけでなく、手書き素材なども自分で作って取り込めるとデザインの幅も広がります。

Share on Facebook
Pocket


1 / 11