2019.07.25

夏らしさを表現するためには

デザイン

こんにちは、気温の変化についていけていない福原です。
梅雨が明けたということで、暑くなるのは分かっていたのですが、急すぎだと思います。
季節の変わり目ですので、みなさんも体調には十分気をつけてお過ごしください。

さて本題ですが、8月間近ということで、夏らしいデザインを表現するためには、
どんなポイントを意識したらよいのかをまとめていきたいと思います。

■アイテム

貝殻・花火・スイカ・かき氷..etc
夏を連想させるアイテムをデザインに取り込む事で、夏らしい雰囲気を表現することができます。
ワンポイントに使用するとさりげなく夏をアピールしていて、おしゃれだなと感じます。

■色
白や青などの爽やかで涼しげな色はもちろん、
夏の日差しや暑さを連想させるビビットカラーを使用した配色で夏を表現することができます。
また、ビビットカラーは、活発的なイメージで、子供向けのデザインにも向いており、夏休みのポスターなどにぴったりですね。

■模様

夏服のトレンドみずたまや風を連想させる波線などの模様は夏らしさがあり、可愛らしくてポップな雰囲気になります。

■写真
メインビジュアルに海や空などの夏らしさのある写真を使用する事で、ダイレクトに夏らしさを伝えることが可能です。

いかがでしたでしょうか?
これから夏向けのコンテンツが増えてきますので、どういった工夫をしているかなど見て考えてみてはいかがでしょうか?
また、外は暑いので涼しい室内で、季節のポスターやホームページを見て、夏を感じてみるのもいいですね。

Share on Facebook
Pocket


1 / 11