2019.07.09

知っているようで知らないフォントのこと2

デザイン ホームページ制作

こんにちは、エクスフィールドの福原です。

前回に続いて、フォントについて書いていきたいと思います。
http://www.ex-field.co.jp/blog/about-design/1333/
今回は欧文フォントについてまとめていきます。

欧文フォント(サンセリフ体・セリフ体)

欧文フォントは大きく分けて「サンセリフ体」と「セリフ体」の二つに分けることができます。

■サンセリフ体
文字の縦横の太さが大体均一で、和文フォントでいうゴシック体と似ています。
視認性が高いため、見出しや強調したい文章に向いています。
サンというのはフランス語で「〜のない」という意味で、セリフがありません。

■セリフ体
和文フォントでいうと明朝体に似ていて、文字の太さに強弱があり、
可読性が高いため長文に向いています。
また、セリフ(うろこ)という装飾がついているのが特徴的です。

セリフにも様々な種類があり、

ちょっとした装飾でも雰囲気が変わってきますね。
個人的な意見なのですが、セリフ体は細くて女性的な印象だったのですが、
ウェッジセリフは、太くてがっしりとした印象で「これもセリフ体なのか〜!?」と思いました。

いかがでしたでしょうか?
欧文フォントは、和文フォントにはないデザイン性があり、とってもお洒落ですよね!
ホームページやポスターなどに取り入れたら、個性的なものができるのではないかと思います。

弊社では、ホームページはもちろん、ポスター・ LINEスタンプなどの制作も承っていますので、
一度制作実績を見ていただいて、どんなものを作っているのかを知っていただけたら嬉しいです!
■エクスフィールドの制作実績
http://www.ex-field.co.jp/works.html

Share on Facebook
Pocket


1 / 11